妊娠中の運転で気を付けること(シートベルトは着用?)

運転

妊娠中の運転には不安になることが沢山ありますよね。

  • 妊娠中はシートベルトは着用しないといけないのかな?
  • 妊娠中の車の振動は胎児には影響ないのかな?

といったように様々な不安や悩みがでてきます。

では、車に乗ることを控えたらいいのではといったようなことも考えられますが実際には旦那さんは仕事で妊娠中の奥様方ご自身で買い物や妊婦検診などに出向かわなくてはなりませんよね。

そのような妊娠中の奥様方や周りでサポートする旦那様方の為にも妊娠中の運転で気を付けることや、シートベルトを着用しないといけないのか、という件について調べてみました。

なぜ妊娠中は運転を気を付けないといけないの?

妊娠中の運転には様々な危険が伴ってきます。普通に家で生活しているよりは車の運転によって振動などもかかりますし、ホルモンバランスが崩れることによってストレスも大幅にかかることでしょう。

お腹の中にいる赤ちゃんにも少なからず影響が出てきます。最悪の場合、運転中に陣痛や、破水が起こってしまうということも考えられます。

運転中にその様なことが起こってしまうと事故にもつながりかけません。なので、安全運転をしっかりと心掛け運転には細心の注意を払って運転しましょうね。

それと、妊娠時期によっては車の運転自体を控えた方がいいといったような時期もあり、少しその点についても説明しておこうと思います。

妊娠初期

妊娠初期はつわりなどで体調不良になりがちです。また、一番流産しやすい時期でもあります。

この様なことに気を使って運転していては、集中力が続かなくなったり、大きなストレスがかかってしまい交通事故を起こしてしまいかねません。

ですからこの妊娠初期は特に運転を控えるようにしえくださいね。

妊娠後期、臨月

妊娠後期に入りますとお腹もとても大きくなってきますので、今までの運転間隔では操縦できなくなってしまいます。

おなかの赤ちゃんにも気を使いながら運転するのはとても危ない事です。それから妊婦さんは臨月に入りますと、このような運転による刺激によっていつ陣痛や破水が起きてもおかしくありません。

なので、この時期も特に運転は控えるようにしてくださいね。

妊娠中の運転で気を付けたいこと

①シートベルトを着用する

妊娠中の運転で一番気になる点がこのシートベルトです。

実際に道路交通法では「妊娠中であることにより座席ベルトを装着することが療養上または健康保持上適当でない者が自動車を運転するとき」はシートベルトの着用が免除されることとなっています。

したがってお腹の張り具合ではシートベルトをしなくていいことになっていますが、もし交通事故にあった時はどうでしょうか?

お腹の赤ちゃんだけではなく妊婦さんご自身の体まで危険にさらされてしまいます。このような道路交通法での着用義務の免除があってもシートベルトは必ず着用しての運転をおすすめします。

このシートベルトがきつくてとても辛い、お腹の中の赤ちゃんに影響が出ないか心配、と言った方は妊婦さん用のシートベルトをおすすめしています。

この妊婦さん用のシートベルトはカーショップやネットショップなどでも売っていますので是非ご検討ください。

また、レンタル品もあるようなのでそちらもおすすめです。それでもシートベルトがきついと言った方にもう一つおすすめなのが、シートベルトの間にタオルやブランケットを挟むと多少はきつさが軽減できますよ。

②なるべく一人で運転しない

これはパートナーの方や周りにサポートしてくれる家族がおられない場合は仕方がない事ですが、なるべく誰かに同乗してもらうように心がけましょう。

そうすることでもし急に体調が悪くなった時やつわりが来た時、陣痛が起こったときなどは同乗者が対処することも可能です。もし同乗者が運転免許を持っていなかったとしても、何か起こったときには対処してもらうことが出来ます。

妊娠中は一人で無理をせず周りのサポートを出来る限り受けるようにして生活しましょうね。

③保険証と母子手帳は必ず携帯

最後に運転中に気を付けておきたいことは、持ち物です。これは運転中だけに限られることではありませんが、保険証と母子手帳は必ず携帯しておきましょう。

当たり前の事ですが常に頭に入れておかないとついつい忘れてしまいがちです。病院へ行く用事ではない時や急いでるときなんかはとくにそうでしょう。

何かあったとき病院に行く際や、ご自身では判断がつかなくなった時にかかりつけの病院もすぐわかりますので必ずこれらの物は持ち歩くように心がけましょう。

それと、運転中には体にも負担がかかりますので、こまめな水分補給などの為にも水筒なども持ち歩くといいでしょう。

まとめ

以上、妊娠中の運転で気を付けることを紹介してみました。 妊婦中の運転にはこのように沢山の気を付けるポイントがありましたね。

どれも元気な赤ちゃんが生まれてくるためには必要な内容なので、是非実践してみて下さいね。