エンジンオイルの役割や交換目安は?交換しないとどうなるの?

運転

車を人間に例えると、エンジンは人間でいう心臓に値し、エンジンオイルは血液に値します。それほど、エンジンやエンジンオイルは重要性のあるものとなります。

また、エンジンオイルは走行条件によって劣化度合いに大きく影響を与えます。くわえて、エンジンオイルは常に厳しい環境にて使用されることから、走行するごとに、そして期間が経つほどに劣化していきます。

その為、定期的に交換をしなければ心臓部であるエンジンに悪い影響を与えてしまい、最悪の場合、エンジンが焼き付いてしまい、壊れてしまう可能性もあります。

今回は、そんな消耗品かつ重要性の高いエンジンオイルについてご説明していきます。

エンジンオイルの役割

エンジンは単体では機械の摩擦によって破損してしまいます。この摩擦を極力減らし、エンジンをより滑らかに動かすために使われる潤滑油がエンジンオイルです。

このエンジンオイルには、

  1. 潤滑
  2. 密閉
  3. 冷却
  4. 清浄分散
  5. 防錆

の5つの役割があります。順にご説明していきます。

① 潤滑とは、エンジンのシリンダー内部にあるピストン含む、クランクシャフトやカムシャフトは常に摺動しており、これらがスムーズに動かせるようにするのが、潤滑油としてのエンジンオイルとなります。

この潤滑性能が失われると、金属同士が直接接触する事になり、摩擦熱で焼き付きを起こし、エンジンが破損する恐れがあります。その為、潤滑性能はエンジンオイルにとって重要な要素となります。

② 密閉とは、エンジン内部にあるシリンダーとピストンは、それら部品が完全に密着しているわけではなく、ごくわずかな隙間があります。

この隙間は、金属が熱によって膨張する事を踏まえ隙間を作っている事と、このわずかな隙間によって、よりピントン運動がスムーズに出来るようにする為のものとなります。

しかし、そのわずかな隙間から燃焼した際の燃焼ガスや、燃焼する前の気体が隙間から漏れ出てしまうと、エンジン本来の力を発揮する事が出来ません。

そこで、エンジンオイルが蓋をする役目を担い、エンジン本来の力を出せるように密閉する作用を併せ持っています。

③ 冷却とは、エンジン内部をエンジンオイルが巡る際、エンジンで発生した熱をエンジンオイルが吸熱することでエンジン自体を冷やす作用を併せ持っています。

エンジンは燃焼と摩擦によって高熱となる為です。この為、冷却効果がない場合、エンジンが高熱となり最悪、炎上する可能性もある為、とても重要な要素です。

④ 清浄分散とは、エンジン内部では常にガソリンが燃やされ、出力を得ています。その際、構造上、煤やスラッジといったエンジンにとって悪影響を及ぼす物質が発生します。

それらをエンジン内部に溜めない、もしくは特定の部分に溜まらないよう、エンジンオイルに吸着させ分散させる作用を持っています。新品のエンジンオイルは透明度があるのに対し、使用後の状態が黒く汚れているのは、この煤やスラッジを吸着している証拠でもあります。

また、オイルの質や量に対し吸着できる量にも限界がある為、定期的な交換が必要となります。

⑤ 防錆とは、燃料を燃焼する際、エンジン内部に水分が生じます。また、エンジン内部と外部での温度差によってエンジン内部に結露が生じる場合もあります。

生じた水分が、エンジン内部の各部品に錆や腐食をさせ、エンジンの劣化する原因にもなります。発生した水分が直接金属に触れないように、金属面に油膜を張り防錆するのもエンジンオイルの役割です。

上記のように、エンジンオイルには5つの重要な役割があります。このため、エンジンオイルは過酷な状況下でエンジンを潤滑し、保護する役割を担っています。その為、定期的な交換が必要となります。

定期交換が必要な理由

前述のようにエンジンオイルには5つの重要な役割があります。ですが、エンジンオイルは常に高熱にさらされ、エンジン内部で発生する汚れも吸着していることから、走行が増すごとに劣化していきます。

その為、エンジンオイルは消耗品となり、常に定期交換が必要となります。エンジンオイルの量や状態は、オイルゲージで確認は取れますが、どの程度劣化しているかは一般的に測定できるものではありません。

その為、一般的には距離と期間にて交換目安を定めています。この期間や距離を過ぎたまま、使用を続けるとエンジンオイルは役割を担えず、エンジンが壊れてしまう可能性があります。そうならない為にも、定期的な交換が必要となります。

定期交換の目安

エンジンオイルの交換目安は、メーカーにて定められています。

各メーカーにて目安は異なっており、さらに軽自動車や普通車や輸入車、はたまたターボ車、といったようにカテゴリー別で、それぞれ交換目安は異なります。自動車の取扱説明書に記載がありますので、まずはその項目をチェックする事が重要です。

ただし、一般的には標準的な使用で10,000キロもしくは1年毎に、車にとって厳しい使用環境では、5,000キロもしくは6か月となっている事が多いです。

また、エンジンが小さい軽自動車やターボチャージャー搭載車は、5,000キロとなっている事が多いです。くわえて、通勤距離が10キロ未満だったり、近場への買い物がメインだったりと、いわゆるチョイ乗りが多いユーザーの方は、車にとっては厳しい使用環境な為、5,000キロ以内に交換することをお勧めします。

このように定期的に距離もしくは期間にて交換時期を定め、定期的に交換する事が大切です。