車検証など車検に必要な書類を無くした時の再発行手順

車検

自動車には、自動車検査登録制度が設けられており、一定期間において保安基準に適合しているか、検査をしなければなりません。

また、検査の際に自動車の所有権を公証する為にも行っている制度にもなります。車検は新車時から3年、以後2年毎に車検を受けなければなりません。車検が切れている車両で、公道を走行してしまうと、道路運送車両法違反となり法律違反にあたります。

その為、車検が切れる前に車検を受けなければなりません。車検満了日は、車検証に有効期限が満了する日という項目にて記載されています。

この満了日を過ぎてしまう前に、ディーラーや整備工場にて車検を受ける事が大事です。では、実際に車検を受ける際に必要な書類があります。それら必要な書類についてご説明していきます。

車検を受ける際に必要な書類

自動車検査証(車検証)

自動車には必ず自動車車検証が存在します。いわゆる車検証です。車両を運行する際に、必要な項目が記載されており、いわば車両の身分証明書ともいえる大切な書類です。

また、車検証は、自動車が保安基準に適合しているかを証明する書類です。この書類は、道路運送車両法によって車両への備え付けが義務付けられています。備え付けがされていない場合、違反となり罰則として罰金となりますので注意が必要です。

一般的には、ダッシュボードに車検証入れにて入れられ保管されているケースが多いです。万が一、紛失してしまった場合には、現在ついているナンバーを管轄する運輸支局にて再発行の手続きが必要です。

ただし、ディーラーや整備工場などのお店に依頼する事も可能です。ですが、どちらも再発行申請手数料が必要なのと、代行する場合は代行手数料が発生します。

ディーラーや整備工場などの店舗に依頼する場合
  1. 使用者の委任状
  2. 理由書

この2点が必要となります。

自身で運輸支局にて手続きをする場合
  1. 使用者の委任状
  2. 理由書
  3. 申請者の身分証
  4. 手数料納付書
  5. 申請書

この5点が必要となります。

店舗にて依頼する際にも、自身で運輸支局にて手続きする際にも、汚損した車検証があった場合には必要となります。

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)

自動車損害賠償責任保険証明書は、いわば強制保険である自賠責保険に加入する際に発行される証明書です。強制保険であるため、必然的に証明書が発行されます。

車検証とセットとなっていることが多く、ダッシュボード内の車検証入れにて、保管されているケースが多いです。

自賠責保険証も車検証と同様に、車両への備え付けが義務付けられています。自賠責保険証も不携帯の場合、罰則となりますので注意が必要です。

よく間違われるのが、任意保険の証明書です。任意保険の証明書は、車検を受ける際には不要なので間違わないようにしましょう。万が一、紛失した場合には保険会社に再発行の手続きが必要となります。

この保険会社は、自賠責保険を加入している保険会社となりますので注意が必要です。任意保険の保険会社と同一ではない場合がありますので、確認してください。

もし、加入している保険会社がわからない場合には、自動車を購入した店舗に確認しましょう。

再発行に必要な書類
  1. 自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書(保険会社より)
  2. 印鑑
  3. 身分証明書

この3点が必要となります。

細かい手続き内容については、保険会社に確認しましょう。

自動車納税証明書

自動車納税証明書は、自動車税を納税した際の証明書となります。

自動車税とは、4月1日時点において自動車を所有している所有者を対象とし、納税義務が発生します。納期は、原則5月中です。納税義務である、自動車税が未払いの場合、継続検査自体は受ける事が出来ます。

しかし、車検の有効期間は更新されません。その為、自動車税が未払いの場合、車検を受ける事は出来ますが、有効期間は更新されない為、結果として、有効期間を過ぎてしまった場合は、無車検運行となり違反となります。

そして、自動車税は毎年課税されます。車検の際には、その証明書の有効期限が車検を受ける予定日を超えている証明書が必要となります。ただし、2015年4月1日より車検を受ける際に、自動車納税証明書を省略できるようになりました。

しかし、特定の条件を満たす事が重要となります。

車検の際に、自動車納税証明書を省略できる条件として、

  1. 自動車税を滞納していないこと
  2. 自動車税を納税してから、3週間経過していること

この2点が特定の条件となります。

この条件に当てはまらない場合は、従来通り、自動車納税証明書が必要となります。また、自動車納税証明書を紛失した場合には、再発行の手続きが必要となります。

再発行は、車両に付いているナンバーの都道府県の都税事務所や県税事務所、運輸支局内の自動車税事務所などで発行する事が出来ます。

再発行に必要な書類
  • 車検証
  • 自動車税を納めてから、10日以内に再発行を行う場合のみ領収書

この2点が必要となります。

また、地域によっては身分証明書や印鑑が必要な場合がありますので、発行を依頼する際に事前に確認しましょう。

まとめ

車検を受ける際に、必要な書類は

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. 自動車納税証明書

この3点が必要となります。

ただし、特定の条件を満たしていれば、①及び②のみで車検を受ける事が出来ます。

そして、これら書類を万が一紛失した場合には、それぞれ再発行の窓口が異なりますので、確認しましょう。

また、再発行に必要な書類については、上記で述べた書類が必要となりますが、地域によって異なる場合がありますので、手続き依頼をする際に、確認する事が大切です。