車検費用を安くする為に事前にしておくこと

車検

車を維持し続けるには必ず車検を受けなければなりませんよね。

そんな車検費用は私たちが思っている以上にお金がかかったりしてしまうものです。さらに車検が2度目3度目になってくると、部品が劣化してきます。よって、やむをえず交換しなくてはならく、見積もりよりもさらに高額になってしまう場合もあります。

今回は、そのような車検において費用をなるべく安く済ませたい方に向けて、事前にしておくことをいくつかのポイントに分けてご紹介したいと思います。

是非参考までに見ていってくださいね。

車検費用を安くする為にしておくこと

  1. 複数の車検業者に見積もりを依頼
  2. 値引き交渉を徹底する
  3. 車検の前に交換できるものはしておく

1.複数の車検業者に見積もりを依頼

複数の車検業者に見積もりをお願いしようと述べましたが、これはただ単に複数の決まったお店に車を持ち込んで見積もってもらうといったことではありません。

わざわざこのようなことをしなくても、もっと楽で簡単な方法があります。それは、インターネットを活用して効率的に、複数の車検業者から見積もりを出してもらうといった内容です。

このインターネットを使うことによって、わざわざ車検業者のお店まで出向かなくても見積もりが出してもらえるのです。とっても便利なものサイトとなっていますので是非ご活用ください。

しかし、一つ注意しなけらばならないのが、このインターネットでの見積もりでは詳しい費用までは算出できないといったことです。やはり実際に生で車を見てもらうことではないので、業者に持ち込んだ際に追加で費用がかかってしまうといったデメリットあります。

ですが、おおよその値段の算出は可能なのでこのインターネットの一括見積を使って、いくつかの安く見積もってくれている業者さんに絞りましょう。

絞り終えたら実際に車を持ち込んで、見積書を出してもらうといいでしょう。そのなかで納得のいく内容の業者さんに、車検をおこなってもらう形が一番得策だと思われます。

2.値引き交渉を徹底する

この値引き交渉で役に立つのが上記で述べた複数の見積もりを受けようといったことです。なぜならば値引き交渉を行う際に他社の見積額を提示できるからです。

特にこの業者で車検を出したいけど、他の業者の方がやすかった時などには、大活躍すること間違いなしでしょう。

同じ金額とまではいかないかもしれませんが、他の業者の方がやすかったと見積書を見せつければいくらかは値引いてくれるはずです。もしかすると一番安かった業者さんより安く見積もってくれるかもしれませんよ。

それと、いつもよく利用している車屋さんですと値引き交渉がしやすいでしょう。店員さんもお得意様だからといって値引いてくれるかもしれませんね。

是非車検前に値引き交渉を行う際はこういった点に気を付けてから交渉してみましょう。

3.車検の前に交換できるものはしておく!

車の部品の中では簡単に自分で交換できちゃうものもありますし、部品交換だけなら車検をだす業者じゃない方が安くつく可能性もあります。

なので、これらについても少し説明しておこうと思います。

バッテリー交換

このバッテリー交換は車検の際にほぼ必ず聞かれる項目といっても過言ではありません。業者の販売しているバッテリーは、やはり業者の利益の一部となるので少々割高かもしれません。

しかし、インターネットの通販サイトなら格安でこのバッテリーを手に入れることが可能となっています。

なので、自分で交換できる人なら確実にこのネット通販を利用するのが得策といえるでしょう。もし自分では交換できないといったかたでも、持ち込みで交換してくれる業者さんもございます。

そういった場合は、持ち込みなので工賃だけ支払えば大丈夫です。とても割安でバッテリーを交換出来ちゃいますよ。

フィルター交換

車のフィルターには、エアクリーナーやエアコンフィルターがあります。これらのものもカーショップや通販でも簡単に、それもお安く買えちゃいますよ。

なので是非こちらのフィルター関連も車検前に変えておくといいでしょう。

エンジンオイル

エンジンオイルはもし車検時に交換時期が来てなくても、おおよそ期間が近ければ車検と一緒に交換を求められることがほとんどです。

ですが、このエンジンオイルはお店の店員さんや、車の知識に詳しいユーザーさんで交換時期の目安が変わってきます。

走る状況や地域によっても、目安の多少のずれは必ずあります。なので、車検前にはしっかりと前回の交換時期などを自分で確認して、今回の車検でオイル交換が本当に必要なのかしっかり考えておきましょう。

オイル代はそんなに高くつくものではありませんが、車検となってくればこのような小さな出費が、かさなればかさなるほどお金がかかってきますので、この点も気を付けて見ておきたいところですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?これで少しは車検を通したときに安く済むことでしょう。

これらの対策はひとつひとつは少ない額かもしれませんが、塵も積もれば山となるといった言葉があるように、車検も修理や交換の箇所が増えれば増える程金額が高額なものになってきます。

なので、是非これらの対策を車検前に行っておくことをお勧めします。どれも難しい事ではないので是非試してみて下さいね。