自賠責保険があれば任意保険は要らないのか

任意保険

自動車を所有する際に、必ず自賠責保険に加入させられます。

これはいわゆる強制保険ともいわれ、自動車を所有すると共に加入が義務付けられているものとなります。自賠責保険は、交通事故による被害者の救済を目的とした保険となっています。万が一の事故の際、自賠責保険にて定められた限度額を上限に、被害者への損害賠償を保険にて支払われる事となります。

この為、自賠責保険で万が一の場合も十分かと言えば、決してそうではないことを理解しなければなりません。では、今回は、任意保険の必要性についてご説明してきます。

自賠責保険は、あくまでも対人賠償のみ

強制保険である自賠責保険では、あくまでも交通事故による被害者の救済を目的とした保険となります。その為、万が一の場合、損害賠償の対象となるのは、対人賠償補償のみとなります。

これにより、自賠責保険に加入しているからといって、交通事故による損害賠償は、対人賠償のみではありません。例えば、相手方の財物に損害を与えてしまった場合には、自賠責保険では損害補償をする事は出来ません。

この為、自賠責保険では、万が一の交通事故の際、補償範囲が狭い為、自己負担による損害賠償を支払わないといけなくなります。

また、自賠責保険における対人賠償の限度額は、最大で3,000万円、後遺症で最大で4,000万円となります。この金額は、実際の判例における賠償金額において1億円を超える事も多く、自賠責保険では補償しきれない賠償金額になる事も多いのが実状です。

その為、任意保険による対人賠償保険によって万が一の場合、カバーできるようにするのが重要です。

自賠責保険では、対物補償はされない

前述のように、強制保険である自賠責保険では対人賠償のみとした保険となります。この為、交通事故によって発生した対人賠償責任以外の賠償責任における損害賠償は、自己負担となります。

例えば、他人の財物に損害を与えた場合となります。この他人の財物は、車両や家、ガードレールや電柱など、他人の物に対しての損害賠償となります。

実際の判決として、1億円を超える損害賠償もありますので、特に車と車の交通事故や、家やコンビニなどの店舗にぶつけてしまった場合など、高額になるケースが多く、自賠責保険では補償対象外となる為、任意保険による補償が重要となってきます。

自賠責保険では、自身のケガや搭乗者のケガは補償外

強制保険である自賠責保険は、対人損害賠償のみ対象とします。そして、その名の通り、あくまでも交通事故による被害者の救済を目的としており、他人の死傷による損害賠償のみとなります。

その為、交通事故によって自身や搭乗者がケガした場合は、自身の自賠責保険では補償されません。この場合は、相手方の自賠責保険で損害補償がされます。

しかし、例えば自損事故によって自身がケガをしてしまった場合や、それにより搭乗者がケガをしてしまった場合には、自賠責保険では補償されません。また、相手も存在しない為、相手方の自賠責保険での補償もされないということになります。自賠責保険は、あくまでも対人賠償保険となる為、相手が存在しない場合は対象外となってしまいます。

その為、任意保険による搭乗者保険や人身傷害保険による補償が重要となってきます。

自賠責保険では、自身の車両の補償はできない

自賠責保険は、前述のように交通事故による被害者の救済を目的としている保険の為、あくまでも対人賠償補償のみとなっています。

その為、他人の財物や自身のケガや搭乗者のケガについても自賠責保険では、補償対象外となります。

また、それだけではなく、自身の車両に対する補償も対象外となります。自損事故や相手の車との衝突事故により、自身の車両が損害を受けた場合、相手が任意保険に加入していた場合、相手より時価相当額が支払われますが、自身に過失があった場合は過失相殺されます。その際、満額は支払われません。

その為、自身の車両に対する損害賠償は自身の過失分は、自身で負担しなければなりません。その場合、自賠責保険では補償対象外となります。こういった場合に備えて、任意保険よる車両保険での補償が重要となってきます。

まとめ

強制保険である自賠責保険では、前述のようにあくまでも対人賠償補償のみとなります。これは、自賠責保険の目的が交通事故による被害者の救済を目的としているからです。

その為、自損事故による自身のケガや搭乗者のケガ、それに伴う自身の所有物への損害、他人の財物への損害補償は、一切対象外となります。一般的に交通事故における損害賠償は、車対人では対人賠償責任が主ですが、車対車の場合は、対人賠償責任と対物賠償責任が発生します。

車対車の場合、自賠責保険では相手の対物損害賠償は自己負担となります。さらに、対人賠償も自賠責保険では限度額が定められており、超過した場合は自己負担になります。

こういった事を踏まえると、自賠責保険のみでは万が一の事を考えると、心許ない補償内容となります。その為、自動車を所有するにあたり、必ず自賠責保険を補完する任意保険に加入する事が重要となります。