車両保険とは?補償金額とは?新車購入時は加入した方がいい

任意保険

自動車には、万が一の事故の際、被害者救済を目的とした「強制保険(自賠責保険)」と、強制保険ではカバーしきれない部分の損害を補償する保険を、任意保険と呼びます。

自賠責保険では、被害者救済を目的とした保険の為、事故によって物を破損させてしまったり、自車が壊れてしまった際の修理費用などは、この自賠責保険には含まれません。

その為、対人補償だけではなく、対物補償、車両保険の加入しておくと、万が一の事故の際、保険でカバーする事が出来る為、任意とはいえ、重要な保険です。今回は、その中でも自車に対する補償について、いわゆる車両保険について、詳しくご説明していきます。

任意保険について

各社それぞれ任意保険を提供しており、保険会社によっては補償する名前が異なっている場合もありますが、任意保険には、大きく分けて3つの補償があります。

任意保険の種類
  1. 賠償責任保険
  2. 傷害保険
  3. 車両保険

賠償責任保険

相手や相手の物に対して補償することが出来る保険です。交通事故によって、相手をケガさせてしまったり、相手の車、家、物を壊してしまった際に契約時に定めた金額を上限として補償することが出来ます。

傷害保険

事故によって自分自身がケガをしてしまった際、もしくは同乗者がケガをしてしまった場合において、契約時に定めた金額を上限として補償する事が出来る保険です。

車両保険

事故によって、自分自身の車両が破損してしまった場合に、契約時に定めた金額を上限として補償することが出来る保険です。

次の項目で、車両保険についてご説明していきます。

車両保険とは

車両保険は、万が一の事故の際、自分自身の車両が破損してしまった場合に適用される保険です。

具体的には、

  • 自動車同士の事故で車が損壊した
  • ガードレールに誤ってぶつけてしまった
  • 電柱に側面をぶつけてしまった
  • 洪水で車が水没してしまった
  • いたずらされ車にキズがついていた
  • 車庫入れや駐車時に誤ってぶつけてしまった
  • 車が盗難されてしまった
  • 当て逃げに遭い車にキズを付けられた

など、災害によってキズが付いてしまった場合を含め、様々なシーンにおいて自身の車両がキズついてしまった場合に幅広く対応できる保険となっています。

車両保険の特徴①:交差点で出合い頭にて衝突

様々なシーンにおいて幅広く対応できるのが車両保険の特徴ですが、相手方が存在する事故においても使用できるのが特徴です。例えば、相手方がいる交通事故が発生したとします。

内容とは、交差点で出合い頭にて衝突とします。

この場合、車同士の事故の為、双方の車両に対しての損害補償はお互いの対物賠償保険にて、補償されるのではないか、と考えがちです。しかし、保険というのは過失分を考慮した上で保険金が支払われます。

今回の例をとると、交差点にて出合い頭にて衝突ということであれば、双方の過失が問われます。相手方が100%の過失であるということであれば相手方の対物賠償保険にて、法律上ですが、負担すべき賠償責任に応じた金額が自車の車両修理費用として支払われます。

ですが、自分自身にも過失があった場合、その過失割合分、相殺されます。

今回の事故によって、発生した損害が50万円であり、相手方の過失が7割、自身の過失が3割だとすると、相手方の対物賠償保険で支払われる金額は35万円です。残りの15万円は自身の負担となります。

過失相殺によって、減額され負担しなければならない金額については、車両保険に加入していた場合、車両保険を使用して負担金額を保険で賄う事が出来ます。

車両保険で設定された金額上限まで

このように、過失相殺によって相手方より支払われる金額が減額された場合などにも、車両保険を使用することで、補う事が出来ます。

車両保険の特徴②:いたずらや当て逃げ

車両保険に加入している場合、いたずらによるひっかきキズやヘコミキズ、当て逃げによる損害についても、車両保険で設定された金額上限まで、保険で補償する事が出来るのも特徴的です。

基本的に、誰がキズをつけたのか不明な場合、相手に賠償を請求することが不可能な為、実費にて修理が必要となります。

しかし、車両保険に加入している場合、自分の保険にて万が一の損害も、対応できるのが車両保険の特徴です。また、車両が盗まれた場合や車上荒らしにおいても、設定された金額上限まで補償されるのも車両保険ならではです。

ただし、車上荒らしについては、あくまでも車両に関する備品(カーナビなど)が対象となり、車両に載せていた物(バッグやカバンなど)については、補償されませんので、注意が必要です。

車両保険の注意点

上記でご紹介したように、車両保険は自分自身の車両に対して、万が一損害が発生した場合に対応できる保険です。

車両保険に加入していない場合、相手が存在するのであれば過失分の金額が補償されますが、残りの分は実費、という形になります。特に高額な修理費用や、廃車となった場合、追い金が必要となるケースもあり、万が一に備えた保険と言えます。ですが、車両保険にも注意が必要です。

基本的に、どの保険会社も車両保険には2つのタイプを用意しています。呼称は保険会社によって異なりますが、限定タイプとフルカバータイプの2種類です。

フルカバータイプは、その名の通り、自損事故から相手方がいる事故、いたずらや盗難、当て逃げなど、ほとんどの損害を補償できるタイプです。限定タイプについては、当て逃げや自損事故においては対象外とする、一部制限がかかっている補償タイプとなります。

フルカバータイプでは、万が一の際でも安心できる点が魅力的ですが、その分、保険料は高くなります。限定タイプでは、自損や当て逃げなどにおいては実費となりますが、保険料としてはフルカバータイプと比較して安くなります。

ですが、限定タイプでも、いたずらや盗難、相手方がいる事故における損害補償、物の飛来や落下によるキズも補償できるので、保険料と補償内容を考え選択するのもありでしょう。

車両保険への加入率

上記のように、万が一の事故の際でも、自身の車両への損害補償が出来るのが車両保険の特徴です。では、実際の加入率では、おおよそ60%の方が加入しています。

その中でも新車時に任意保険に加入されるユーザーの多くは、加入している傾向にあります。新車時は、特に時価額も高く、万が一の場合でも高く損害金額を支払われるので、より安心できるため、新車時や登録後5年以内のユーザーの加入率は高いです。

まとめ

車両保険は、相手方がいる事故及び自損事故含め、いたずらや盗難、飛来物による破損など、自身の車両への補償ができる保険です。

万が一の際、高額な修理費用となった場合でも、対応できるよう加入した方が良いでしょう。また、新車購入時や中古車購入においても、年式が新しいほど時価額も高い為、多くの方が加入しているように、万が一に備え加入する事をお勧めします。