自賠責保険とは?補償対象や加入方法、保険料など

自賠責保険

皆さんも「自賠責保険」については、自動車教習所などで指導を受けたご経験があるかと思います。

事故が起きた際に、被害者の治療費などを補償してくれる保険であり、車両を運転するものなら必ず加入しなければならないとされている保険です。この保険への加入は任意ではなく「義務」、未加入で運転した場合には違反行為とみなされてしまいます。

厳しい処罰もありますので、しっかりと確認しておきましょう。

自賠責保険とは

正式名称は「自動車損害賠償責任保険」といい、自動車の運転中に事故を起こしてしまい、相手をケガさせてしまった場合に、加害者に代わって治療費を補償してくれる制度となります。

管理人
自動車やバイク(原付含む)を運転する場合、すべての運転者へ加入が義務付けられている保険です。そのため、「強制保険」とも呼ばれています。

とはいっても、家族共用の車を使っているという場合は、自賠責保険関連の手続きを個なったことがないという方もいるかもしれません。それもそのはずで、この保険はどちらかといえば、「人」よりも「車両」にかけられるといったほうが適切だからです。

もし他人が運転している際に事故が起きた場合でも、その車両の所有者が保険に加入していれば、自賠責保険の補償対象となります。

また、この自賠責保険は「人身事故」のみが補償の対象です。事故が起き、被害者の治療費が発生した場合にのみ、この自賠責保険から保険金が下りることとなります。車が破損したとしても、その修理代が自賠責保険で補償されるわけではありません。

自賠責保険への加入・更新のタイミング

この自賠責保険に加入するタイミングは、車・バイクを納車した日となります。

加入手続きは、車やバイクの販売店が行ってくれますので、指示に従って必要事項の記入、書類の提出などを行いましょう。加入手続き自体は、損害保険会社の窓口でも行うことができます。加入後には「自賠責保険証明書」が発行されますので、ナンバープレートの左上に張り付けておきましょう。

また、保険期間の更新も、車検と同じタイミングで行うことがほとんどです。車検費用に保険料が含まれていることも多いですし、そもそも車検証がなければ自賠責保険の更新はできません。更新を忘れるということがないため、安心ですね。

ただし原付や250㏄以下のバイク(軽二輪)のように、車検が義務付けられていない車両に関しては、更新は自分で行わなければなりません。これらの車両に関しては、郵便局で手続きが行えるほか、コンビニやインターネットでの手続きも可能です。

「自賠責保険証明書」のほか、原付の場合は「標識交付証明書」、バイクの場合は「軽自動車届出済証」が必要ですので、あらかじめ用意しておきましょう。

自賠責保険の保険料

自賠責保険の保険料は、車両の種類や保険機関によって変わってきます。自家用乗用自動車であれば、12カ月契約で15,520円、24カ月契約で25,830円、36カ月契約で35,950円となっています。

車検のタイミングが、初回が3年、2度目以降は2年ごとなので24カ月・36カ月で契約することが多いですね。長くなるほど、1カ月当たりの料金は安くなっていきます。1カ月当たりの保険料も1,000円前後と、家計を圧迫するほどではありません。

自家用車 軽自動車
12ヵ月 15,520円 15,130円
24ヵ月 25,830円 25,070円
36ヵ月 35,950円 34,820円

任意保険と違って自賠責保険は強制加入なので、自動車を購入すると必ず支払わなければいけません。

管理人
自動車税や重量税は軽自動車になると大きく安くなりますが、自賠責保険に関してはほとんど大差がありませんね。

自賠責保険を利用する場合

この自賠責保険を利用するケースといえば、事故を起こしてしまったときです。あまり考えたくはありませんが、保険金が発生するまでの流れは確認しておきましょう。

事故を起こしてしまった際、まずは被害者の安全の確保、および警察への連絡を行います。そして被害者に治療費が発生した場合には、加害者側が支払います。

そしてその後、保険会社に自賠責保険の請求書類の提出を行ってください。保険会社が損害調査などを行い、総損害金額が確定すれば、保険金が支払われます。上限金額は傷害の場合は120万、死亡時の場合は3,000万、後遺症が残った場合は4,000万です。

ただ手元にお金がない場合は、治療費の立て替えも難しいかと思います。その場合は「仮渡金」の利用が可能です。

傷害の場合は被害者のけがの程度に応じて5万円・20万円・40万円のいずれか、死亡事故の場合は290万円の仮渡金が発生します。これらは総損害額が確定する前から請求できますので、覚えておきましょう。

未加入が発覚した時の罰則

この自賠責保険は加入が義務付けられていますので、未加入で車両を運転することは違反行為であるとみなされます。

もし自賠責保険に加入していなことが発覚した場合、50万円以下の罰金または1年以下の懲役に加え、免許停止処分という、非常に厳しい処分が科せられてしまいます。

車の場合は車検時に手続きを行ってくれるので、未加入で運転するケースは少ないかと思いますが、原付や250㏄以下のバイクは車検がない分、自分で管理しなければなりません。

もし未加入で事故を起こしてしまった場合、人にケガをさせてしまうだけでなく、自らの首を絞める事態にもなりかねませんので、必ず確認しておきましょう。