自動車保険の種類【対人・対物・車両保険】

自動車保険

車両を所有する全てのユーザーが加入する保険が、いわゆる自賠責保険となります。その自賠責保険を補完する保険が、自動車保険になります。

自賠責保険では、交通事故による被害者の救済を目的としている保険となる為、対人賠償保険のみの内容となります。

その為、万が一の事故の際、自賠責保険では損害賠償が出来ない損害が発生した場合には、それらを補う自動車保険にてカバーする必要があります。

加入は任意ですが、万が一の場合を想定して、自動車保険に加入するべきです。実際の判例でも、高額な損害賠償責任が発生しています。では、実際に加入する際に自動車保険にも様々な種類があります。今回は、そんな自動車保険の種類についてご説明していきます。

自動車保険の種類は大きく分けて3種類

自動車保険にも様々な種類がありますが、大きく分けて3種類が基本となります。

  1. 対人賠償責任保険
  2. 対物賠償責任保険
  3. 車両保険

この3種類が基本となります。それぞれの内容についてご説明していきます。

対人賠償責任保険

自動車保険にも、自賠責保険と同様に対人賠償責任保険があります。これは、自賠責保険の対人賠償責任における上限が3,000万円となっています。

これを超過した場合に、超過した分を自動車保険の対人賠償責任保険にて補完する保険となります。

自賠責保険では、死亡時3,000万円、後遺症の場合、4,000万円が上限となっています。万が一の場合、まずは自賠責保険から支払いがされます。

しかし、損害賠償額が自賠責保険の上限を超えた場合は、実費負担となります。その実費負担をカバーするのが、自動車保険の対人賠償責任保険となります。

実際の判例では、1億円を超える損害賠償が発生しており、自賠責保険だけでは十分といえない判例が多くなっていますので、自動車保険に加入する際にも、基本保険となっています。

管理人
保険会社によっては、限度額を決める事が出来ますが、損害賠償が多額となるケースは、この対人賠償責任となるため、限度額は”無制限”としましょう。また、限度額を下げる事で保険料は安くなりますが、そこは決して妥協せず限度額にて契約をしましょう。

対物賠償責任保険

対人賠償責任保険と並び、高額な賠償責任が発生する可能性があるのが対物賠償責任です。

事故によって他人の財物に損害を与えてしまった場合に、それに応じた時価額及び評価額を支払わなければなりません。

例えば、車と車との衝突事故によって、事故の影響で飛び出してしまい家の玄関に突っ込んでしまった場合、相手の車と玄関に突っ込んでしまった修理費用の賠償責任が発生します。

この場合、相手の家の玄関だけであれば良いのですが、玄関に突っ込んでしまった故に、家の躯体にも大きな損傷があった際には、多額の賠償責任が発生する可能性があります。

交通事故とは予測できない状況となる為、自損事故でもガードレールや電信柱、コンビニなどのお店に突っ込んでしまう場合もある為、事故における損害金は多額となるケースが多いです。

その為、対物賠償責任保険も、限度額は無制限としましょう。これも、保険契約時に限度額を定める事が出来ます。限度額の上限を下げれば下げるほど、保険料も安くなります。

ただし、事故とは予測できないので、損害賠償が多額になる事も多い事から、限度額は無制限にて契約する事で安心できます。

車両保険

車両保険は、事故によって自身の車両を損傷してしまった場合や損害が発生してしまった場合に、契約時に定めた評価額を上限に保険金が支払われるものです。

この自身の車両の損傷や損害は、例えば、車と車との衝突による損壊や、電信柱やガードレールにぶつかってしまった場合や当て逃げされてしまった場合、はたまた飛び石などによるガラス破損、車両荒らしによるガラス破損やいたずらキズ、また、車両自体の盗難にも対応できるのが、この車両保険の特徴です。

ただし、車両保険には二つのタイプが設定され、補償範囲をそれぞれ定めています。一つは一般型と呼ばれる、上記内容が全て網羅されているタイプです。この一般型では、補償範囲が幅広い為、万が一の際も安心して乗り換えや修理を検討する事が出来ます。

もう一つは、限定タイプで、車と車との衝突による損壊や、いたずらキズ、盗難、飛来物による損壊は補償範囲内ですが、当て逃げや自損事故については補償範囲外となる補償範囲を絞っているタイプです。

車両保険を検討する際に、注意が必要です。まず、一般型、限定型問わず、車両保険を付帯すると、保険料が大幅に上がります。ただし、補償範囲を絞っている限定型は一般型に比べ、保険料を抑える事が出来ます。

ここで、加入する際のポイントがあります。まず、新車購入や新古車購入など、年式が新しい車両には、車両保険を付帯した方がお勧めです。

新車や新古車の場合、車両評価額が高い為、購入後、すぐに事故などによって修理費用などが発生した場合に、保険にて対応できるので、万が一に備え加入する方が良いでしょう。

また、中古車でも高価な場合は同様に加入する事がお勧めです。他にも、契約後に、車にナビなどの付属品を追加した場合には、保険会社に再度、連絡する事もお勧めです。この場合、車両に付属品が追加される形となる為、保険金額を見直すポイントになるからです。

その際には、保険金額に応じて保険料は高くなります。しかし、高価なナビなどを取付後に、事故や盗難によって高価なナビがダメになった場合を考えると、検討するのも一つです。

管理人
車両保険は減価償却が毎年される為、年々、保険金額が下がります。その間に、付属品を取り付けた場合に、その付属品への保険をかけるといった意味で検討するなら、是非、再度、保険会社に確認を取る事をお勧めします。

まとめ

自動車保険には主に三種類の保険があります。基本的には、強制保険である自賠責保険をカバーする補完として、対人、対物、車両保険の構成となります。

保険は掛け捨てですが、万が一の事を考え、対人、対物は必ず無制限にしましょう。事故を起こしてから、多額の損害金が発生し、支払う事が出来なくなってからでは遅いです。また、保険で悩む場合には、必ず保険会社やディーラー、自動車販売会社に相談しましょう。