友人の車を借りて短期間だけ自動車保険に加入する方法

自動車保険

自身が自動車を所有していれば、強制保険である自賠責保険や自動車保険に加入し、自動車保険の特約で他車を運転した際の事故の場合でも、補償出来る場合は友人の車に対しても、安心して運転する事が出来ます。

ですが、自動車保険は自動車を所有していなければ契約する事が出来ません。その為、自動車は所有していませんが、友人の車など他人の車を運転する機会があった場合には、保険がかかっていない状態で運転する事となり、万が一の事故の場合、自己負担にて損害賠償を支払わなければいけません。

万が一の事を考えると、保険がかかっていない状態で運転する事はリスクが高いです。しかし、旅行などで友人の車など他人の車を運転する機会がある場合、短期間のみ自動車保険に加入する事が出来る保険があります。今回は、短期間でも加入できる自動車保険についてご説明していきます。

1日自動車保険(24時間単位型)の内容

各保険会社から、名称は異なりますが24時間単位で加入できる短期間の自動車保険が用意されています。この短期間の自動保険に加入できる対象車両は、自家用自動車が前提です。

そして、所有者が運転者本人及び配偶者名義の車両、法人が所有する車両、これらの方々が実質所有する車両、レンタカーやカーシェアリングは対象外となります。また、当たり前ですが有効な運転免許証を所有している方であれば加入する事が出来ます。

特徴は、1日(24時間)単位で加入する事が出来る為、大型連休での旅行はもちろんのこと、単日でのドライブでの加入も出来る点です。1日単位での加入保険ですが、補償内容も充実した内容となっており、安心して利用する事が出来ます。では、次に補償内容についてご説明していきます。

手厚い補償

1日単位での自動車保険ですが、その補償内容は充実した内容となっています。各社、主に車両補償なしプランと、車両補償ありプランの2種類が用意されています。

さらに、手厚い補償内容の保険も用意している保険会社もありますが、主に車両補償なしプランと車両補償ありプランがメインとなります。どちらのプランも車両補償に関する補償に差はありますが、その他の補償内容は変わりありません。

では、実際に補償される内容について、特に重要な補償内容に関してご説明していきます。

①対人賠償責任保険

交通事故によって相手を死傷させてしまった場合、法律上、損害賠償責任を負う場合に相手方1名について保険金額を支払う保険となります。

限度額:無制限

②対物賠償責任保険

交通事故によって他人の財物に損害を与えてしまった場合、法律上、損害賠償責任を負う場合に1事故につき、保険金額を支払う保険となります。

限度額:無制限

基本的な対人・対物賠償責任保険は各社ほとんどが無制限となっています。単日の自動車保険ですが、対人・対物賠償責任保険が無制限であるのは安心して利用する事が出来ます。

また、各社対人・対物賠償責任保険以外にも、自損傷害保険や搭乗者傷害保険も付帯している為、手厚い補償となっています。また、車両補償ありプランでは限度額は定められていますが、事故によって運転していた車が損傷しても、補償する事が出来るので、より安心する事が出来ます。

では、実際に加入する際の方法についてご説明していきます。

料金

契約料金は、各社プランをいくつか用意していますが、車両補償なしのベーシックなプランであれば、契約料金\500-です。単日だけではなく、2日間など複数日数での利用の場合は、1日単位(24時間単位)毎に契約が必要となります。例:\500-×2日分=\1,000-

車両補償ありタイプであれば、\1,500-から用意している保険会社もあるので、万が一の場合、より安心して利用する事が出来ます。ただし、車両補償ありタイプは事前登録及び申し込みが必要となりますので、注意が必要です。

加入方法

短期間の自動車保険に加入する方法は、各社異なってきます。ですが、主に3種類の方法で加入する事が出来ます。

  1. ホームページから申し込み
  2. コンビニから申し込み
  3. スマホから申し込み

この上記3種類の方法にて申し込みし、加入する事が出来ます。

まず、①ホームページから申し込みについては、各社保険会社のホームページより申し込みサイトが用意されています。そちらから、申し込む事が出来ます。

次に、②コンビニと申し込みについては、提携しているコンビニ店頭にて申し込む事が出来ます。店頭端末機にて手続きを行い、コンビニ店頭にて申し込む事が出来ます。

最後に、③スマホから申し込みについては、①のホームページから申し込みと重なりますが、スマホ専用サイトを設けている保険会社があり、そちらを利用して申し込む事が出来ます。どの手続きも、手軽に申し込む事が出来るのが特徴的です。

1日自動車保険を実施しているプラン

三井住友海上「1DAY保険」

特徴
  • 1日500円・1,500円・1,800円の3プラン
  • セブンイレブンから簡単に加入できる
  • 車内手荷物までカバー
  • 2回目から割引制度あり

三井住友海上「1DAY保険」の公式サイト

セブンイレブンから予約する

東京海上日動火災保険「ちょいのり保険」

特徴
  • 1日500円・1,500円・1,800円の3プラン
  • 契約者数は累計300万件以上
  • 長期間利用で割引制度あり

東京海上日動火災保険「ちょいのり保険の公式サイト

あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」

特徴
  • 1日500円・1,500円2プラン
  • 対物超過修理費用特約指定被保険者を補償

あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」の公式サイト

まとめ

自動車を所有しておらず、自動車保険に加入していなくても、1日単位で自動車保険を用意している保険会社を利用する事で加入する事が出来ます。また、補償内容も手厚く、対人・対物賠償責任保険も無制限となっている為、安心して友人や家族の車を運転する事が出来ます。

また、1日単位での利用なので、必要日数分のみ加入する事が出来、なおかつワンコイン(\500-)から利用できるのも手軽です。万が一の事を考え、友人や家族の車を運転する場合には、こういった1日自動車保険を利用しましょう。