自動車保険の基本的な仕組みを分かりやすく解説

自動車保険

自動車を運転する方や、これから自動車に乗る方にとって自動車保険はなくてはならないものです。

この自動車保険というものがないと、もしも事故を起こしたときに損害賠償金などの支払いが出来なくなってしまいます。またこの自動車保険には車を運転するからには必ず加入しなければ乗れない仕組みの自動車保険もあります。

そして、これらの保険には様々な仕組みや、決まり事などが色々とあります。保険に入っていてもこれらのことを知っておかないと、いざとなったときに対処できなかったり、スムーズに話が進まなかったりします。

ですので、今回はそんな自動車保険についての基本的な仕組みについて、みなさんに説明したいと思います。

車を買った中古車販売業者さんや、ディーラーさんに勧められて入った自動車保険の仕組みなども、いざ加入したものの何もわかってなかった人も多くいらっしゃるかと思うので、是非参考にしてみて下さい。

交通事故は頻繁に起こすものではありませんが、いくら運転に自信がある方や、たまにしか車に乗らない方でもいつ自分の身に襲ってくるかわかりません。これから説明する内容は必ずあなたの為になりますよ。

自動車保険の基本

車の保険には、自賠責保険と任意保険というものがあります。この中の自賠責保険は車を運転する際には、必ず加入しなければなりません。

もし、自賠責保険に加入せずに車を国の道路で運転させてしまった場合には、それだけで罪に問われてしまいます。なので、この自賠責保険は入っていて当たり前なものなのです。ですから私たちが日常会話で話している自動車保険については、基本的には任意保険のことを指しています。

この任意保険は、保険屋さんが販売しています。普段の日常ではさほど意味のない物ですがもしもの時に本当に役に立ちます。

ということは、私たちはこの任意保険に加入することで交通事故を起こしてしまった時などの、もしもの時の安心をお金で買っているということになります。

なので、自動車保険に加入するといった事はとっても大事なことなのです。ごくまれに任意保険に加入してない方がおられますが、そのようなことはお勧めできません。

もし任意保険はお金がかかるからといって、加入していない方がおられれば、この期に加入しておくことをお勧めいたします。

自賠責保険と任意保険の違い

では、自賠責保険と任意保険の違いについて説明していこうと思います。

自賠責保険ではある程度の決まった額までしか保険金がおりません。たとえば傷害事故で120万円、死亡事故で最高3,000万円までしか保証されないのです。ということは、もし仮に任意保険に加入していなかったとしたら、この額を超えた場合はご自身の貯蓄などから支払わなければならないのです。

たとえば死亡事故では1億円を超える損害賠償を支払わなければならなくなったといったケースも少なくはありません。

しかし、そのような大金を支払える人間なんてごくわずかです。この様な場合に足りなかったお金を補ってくれるのが、任意保険ということになります。任意保険はこの自賠責保険に比べて、対人無制限の対物無制限となっていますので賠償金の面などは安心です。

任意保険のプランによっては、対物が無制限ではないプランもありますが、物損事故でも数千万の支払いを求められることも少なくはありません。なのでこちらも無制限で加入するのが無難といえるでしょう。

それに加えてこの任意保険では、賠償金のみならず自分自身の治療費や自分の車の修理代の補償までついてきます。

このように自賠責保険は被害者を助けるための保険になりますので、相手への賠償しかありません。なので、もしもの時の為に任意保険に入るといった形になっています。

それに交通事故を起こしてしまった時に心配なことがもう一つあります。それは何かというと、自分自身で相手との示談に対応できるのかと言った点です。保険や法律に知識が多少あったとしても相手との駆け引きが行われるので一つの交渉事となってしまいます。

そういった場合にはトラブルも起きやすく、なかなかうまく話をまとめることはできません。

そんな時にこの任意保険に加入していれば、示談の代行を行ってくれます。なので、きちんと任意保険に加入しておれば、事故を起こしてしまった後の対応も安心できます。

最後に

これで自動車保険をよくわかっていないまま加入していた方や、自賠責保険にしか加入していなかった方など、自動車保険の大切さがよくわかったのではないでしょうか?

いくら任意保険のお金がもったいないからといって、ケチったりすることは絶対にやめましょう。

違法ではありませんが、もし仮に死亡事故なんかを起こしてしまった際にはとんでもないことになりかねませんからね。 今現在自賠責保険しか加入してない方は、今すぐにでも任意保険に加入することをお勧めします。

交通事故は起きないことが一番望ましいですが、いくら安全運転に気を配ったところで、いつ人が飛び出してくるか分かりませんし、貰い事故を起こしてしまうことだっていくらでもありえますからね。

以上、自動車保険の基本的な仕組みについて説明してみました。