修復歴ありの車を買う際の注意点や見るポイント

購入

中古車を購入する際、同じ車種でも値段に差があります。

中古車という性質上、同じ車種でもグレードや装備品、距離、状態が異なる為です。また、価格に影響を及ぼす要素の一つとして修復歴あり・なしです。

修復歴ありの中古車は、一般的にお値打ちになっているケースが多いです。予算に限りがある中、よりお得に購入しようとする場合、修復歴ありの中古車も視野に入れる場合もあるかと思います。

そういった場合、修復歴なしとの違いを理解した上で購入しないと、後々トラブルに遭う可能性もあります。そうならない為にも、今回は修復歴ありの車を買う際の注意点やポイントについて、ご説明していきます。

修復歴とは

修復歴が有る中古車を販売する際には、店舗側は修復歴ありといった表示をするといった義務があります。これらは、自動車公正競争規約もしくは日本自動車査定協会にて定められています。

具体的には、車体の骨格にあたる部位を修正及び交換を行った箇所がある場合、販売時に修復歴の表示及び車両状態を示した書面により、その箇所を表示することとなっています。

その為、修復歴が有る場合は、基本的には表示されていなければなりません。では、車体の骨格にあたる部位とは、どういったものかご説明していきます。

車体の骨格
  • フレーム(サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー(フロント、センター、リア)
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロアパネル
  • トランクパネル

上記、部位を修正及び交換を行った場合「修復歴あり」となります。

どの部位も、車体の骨格にあたる箇所となります。家で例えると、骨組みにあたります。その為、修復歴とは、骨格の部分が何かしら損傷し修正及び交換した車両を修復歴あり、となります。

骨格部分に大なり小なりダメージが及んで修理が必要となり、修正及び交換した場合には、修復歴ありとなります。この為、修復歴ありの車両は中古車市場においては、同じ車種であっても修復歴なしと比較した際に、お値打ちに売買される事が多いです。

修復歴ありの中古車は問題ないか

では、実際に購入する際に修復歴ありの車両は問題ないか、についてご説明していきます。

修復歴ありとは、前述のように車両の骨格部位が修正及び交換された車両となります。骨格部位に修正及び交換された場合は、災害や事故によって修正及び交換されるケースが多いです。

その為、一般的には大きなダメージを負っているというイメージがあります。実際、事故においては相当なダメージを負ってしまい、修正及び交換されるケースが多いです。

こういったケースの場合、事故によって損傷した部位以外にもダメージが及んでいる場合もあります。その為、一概に修復及び交換しただけでは問題ない、とは言い切れない側面があります。

この為、修復歴ありの車両を購入する場合は、入念に車両のチェックが必要となります。

修復歴ありの車両を購入する際のチェックポイント

修復歴ありの車両を購入する際には、必ずチェックしておかなければならないポイントがあります。まず、車両状態の表示において、どの箇所を修復及び交換したのか確認する事です。

加えて、店員に修復及び交換が必要な箇所以外もトータルで修復を行ったか、確認をする事が重要です。前述のように、基本的に修復及び交換箇所以外にもダメージが及んでいるケースが多い為です。

また、可能であれば出来る限り試乗する事が大切です。修復されていても、真っすぐ走らなかったりする場合もあります。

特に、フロントまわりの損傷は操舵に影響を及ぼす事が多い為、確認を十分にしましょう。また、下回りも要チェックする事が大切です。

エンジン、トランスミッション、マフラー、サスペンション、などにもダメージが及んでいた場合、オイル漏れや滲みが発生しているかもしれないので、下回りも確認が必要です。

修復歴ありの車両の注意ポイント

前述のように、修復歴ありの車両を検討している場合、まずは上記のように車両の確認をしましょう。

加えて、店員に詳しく説明を聞きましょう。ここで、店員から詳しい説明が出来なかった場合には、購入後のリスクを考え、検討をやめるのも大切です。

修復歴ありの車は、修復歴なしの車と比較してお値打ちです。ですが、購入後のトラブルを回避する為にも、慎重に検討する事が重要です。

まとめ

中古車市場で同じ車種でも、お値打ちである修復歴ありの車両を購入検討している場合、まずは骨格部分にダメージが及んでいると認識する事が重要です。

次に、車両の状態を入念にチェックしましょう。可能な限り、試乗を行い走行性能に支障がないか、確認を取りましょう。

また、店員より修復及び交換箇所の説明を聞き、説明が十分であるか確認する事が大切です。

十分な説明を受け、車両状態も良好であれば購入検討しましょう。そうでない場合は、購入後にトラブルに遭う可能性もある為、慎重に検討する事が大切です。