中古車販売店で中古車を見るときのポイント!走行距離の改ざんには注意

購入

中古車を販売店で購入しようか考えている人は中古車のどの部分をみればいいの?いい中古車はどうやってみわければいいの?と、不安になる方は多いかと思います。

また中古車の購入の際にこの様な点を理解していないと、後から後悔したり、騙されたなどの最悪のケースも考えられます。

ですので今回はそんな皆様の為にも中古車を販売店で見るときのポイントをいくつか紹介したいと思います。是非参考までに見ていってください。

中古車を見る時のポイント①:走行距離

やはり中古車を見る際のポイントとして一番に挙げられるのはこの走行距離でしょう。走行距離というものは世間一般では10万キロで寿命といわれています。

しかしこのような知識は一昔前の車に言えることといっても過言ではないでしょう。

近頃の車は一昔前の車に比べかなり性能が良くなっています。正直、定期的な整備さえきちんと受けていて尚且つ比較的に最近の車であれば20万キロまで走るなんてこともざらです。

なので、購入時の目安としては多く走っていても13万キロぐらいまでで、尚且つ定期点検をしっかり行っている車であればご購入を検討してみてもいいかと思われます。

実際には走行距離は短ければ短いほど安心できると言った点はありますが、皆様のご予算との兼ね合いもありますので上記で述べた走行距離を目安に検討してみることをお勧めします。

車にさほど詳しくない方はこの様なことをご存じない方も多いですので一つ頭に入れておきましょう。ちなみに車メーカーの中ではトヨタの車なんかは比較的、耐久性がいいといわれています。流石は世界のトヨタですね。

走行距離の改ざんには気を付けよう

そしてこの走行距離で一つ気を付けておかないといけないことがあります。それは走行距離の改ざんです。

車にあまり詳しくない方はこの事実を知らない方もおられるかもしれませんが、今の時代でもこの走行距離の改ざんはやろうと思えば簡単に出来ちゃうんです。怖い世の中ですよね。そんな悪い事をする悪徳業者も少なからずはいますので、以下の点に気をつけておきましょう。

まずはあまりに安すぎる車はなるべく購入しないということです。

走行距離の改ざんを見分ける方法

自分が気になっている中古車が同じ車で同じくらいの走行距離の車と比較してみましょう。いわゆる相場です。この車の相場につきましてはわざわざ車屋に出向かなくても大手中古車販売などのWEBサイトやアプリなどを使えば簡単に比較できます。

もう一つ走行距離の改ざんを見抜く方法があります。それは車検証です。

この車検証には車検を取った時の走行距離が過去2回分だけ記載されるシステムになっております。プラス過去最大距離も記載されていますのでそう言った点を気にしてこの車検証を見させてもらいましょう。

実際のメーターとこの車検証を照らし合わせて見てみて下さいね。

ご自身が気になった中古車があまりにも安すぎる場合はこのようにして相場をしらべてみたり車検証の走行距離を見せてもらうようにしましょう。

管理人
このような悪徳業者には絶対に騙されないように気を付けましょうね。

中古車を見る時のポイント②:年式

こちらの年式も上記で述べた走行距離と同様に中古車を見る時のポイントに挙げられます。

これもまた走行距離と同様に年式は浅ければ浅いほどいいですが、ご自身の予算との兼ね合いがございますので年式にあまり気にしないのであれば、約13年落ちまで位が一つの目安として見ていいでしょう。

なので中古車を見る時は走行距離と同様にこの年式もしっかり確認しておきましょう。

中古車を見る時のポイント③:車検

次は車検になりますが、この車検についてはもしご自身がこの中古車を購入するとなった場合の料金や後々の車検代に大きく関わってきます。

車検の期間まで一年や二年あるのならまだ問題ないですが、車検の期間があと何カ月かごに迫っているのなら車検代も含めた価格で考えた方がいいでしょう。

一言に車検といってもその車検代は馬鹿に出来ません。

中古車だからその辺は気にしておくべきです。走行距離や年式が多ければ多いほど修復しないといけないパーツが多くなってくるので車検の金額が多くなってしまう事も考えられます。ですのでその辺を頭に入れておきましょう。

もちろん車検整備付きの中古車や車検整備込みの中古車を購入するのが一番いいパターンになりますが、やはり自分がどうしても欲しい中古車が車検まであと数カ月だったといった事も考えられます。

その車検代も込みの値段を計算して購入を検討しましょう。

中古車を見る時のポイント④:修復歴・事故車

この修復歴・事故車と言った点も中古車を見る時の大事な点になります。多少の小傷ならいいのですが、一度大きく破損している車はなるべく避けた方が無難です。

なぜならいくら安くても一度事故などを起こしている際は、後々にガタがきてしまうといったケースがあるからです。やはり一度事故をしてしまうとそう言った点は不安になります。

いくら安く購入しても過去に合った事故歴での故障となってしまうと、安く買ってもその修理代で元も子もありません。逆に普通の中古車を購入するより高くつく場合もございます。そして結局は廃車なんてケースもございます。

なので私的には、いくら安くてもこのよな事故車、大きな修復歴がある車はお勧めできません。

いくら外見が綺麗でも中のパーツの方までは詳しくわかりませんのでこういった事故車などは避けておいた方が無難かと思われます。

まとめ

中古車を見る時のポイントをいくつか紹介してみましたがいかがだったでしょうか。

これから中古車の購入を検討されている方などは上記で述べた内容は必ず見てからご購入を検討されることをお勧めいたします。是非これらのポイントを貴方の中古車を見る際の知識にお役立てできれば幸いです。

以上中古車を販売店で見るときのポイントを承知いたしました。